アフターピルでリスク回避|不妊治療ならマカサプリが効果絶大!

先生

検査の方法

不妊治療の検査

先生

不妊症とは2年以上避妊をせずに性行為をおこなっても妊娠に至らないことをいいます。この不妊症の原因を見つけるために様々な検査があり、それに応じた不妊治療が行われます。 女性側の検査では、月経の周期に合わせて検査が行われます。まず、基礎体温で無排卵や黄体機能不全が予測されれば、排卵を起こしたり、黄体ホルモンを補充する不妊治療がされます。また月経中、排卵期、黄体期それぞれの時期に採血を行い、それぞれの時期に見合ったホルモンが分泌されていなければそれを補充する不妊治療がされます。 排卵期には、通気検査や卵管造影を行って卵管の通過性をみたり、性交後検査で運動精子の状態を観察します。卵管の通過性が良くない時には体外受精が、運動精子の状態によっては人工授精や体外受精の不妊治療を行います。また、超音波検査にて卵巣での卵胞の状態や子宮内膜の厚さなどをみます。 この他に、月経の周期とは関係なく、卵管炎の原因となるクラミジア抗原抗体の検査や抗精子抗体の検査が行われます。 男性側の精液検査は、いつの時期でも行えますが、2〜3日の禁欲後に行い、採取後は速やかに病院で検査してもらう必要があります。

不妊治療の男女別の検査について

不妊は女性側、男性側、どちらに原因があるのかをまず調べる必要があります。時には夫婦の相性に問題がある場合もあり、夫の精子をうまく受精できない場合などがそれにあたります。 不妊治療の検査として、女性の場合は排卵がきちんと起こっているか、卵子が生成されているかを調べたり、卵管が詰まっていないかを検査します。そのほかにも子宮や卵巣に筋腫などの病気がないか、また骨盤に問題がないかなどの検査もします。 男性側の不妊治療の検査としては、まず精子が正常であるかを見ます。また何らかの内臓の病気などが不妊の原因になっている場合もあります。 こうした不妊治療の検査は、特に女性の場合は排卵日でなければできない検査などもあり、長期間を要することも多いです。中にはなかなか原因が突き止められない場合もあります。不妊治療は焦らず長期戦で、夫婦で理解協力しながら行うことが大切です。